2018年08月21日

マルシンマックとマクドナルドとグーテンバーガーと


2018_08_21_000.jpg

以前ツイッターにて、解る範囲で調べて纏めた「マルシンフーズ/マック産業」と「マクドナルド・コーポレーション」によって争われた「不正競争防止法に基づく差止請求上告事件(日本マクドナルド事件)」の裁判の経緯から、グーテンバーガーが生まれるまでの流れを改めて掲載します。

あくまで独自で解る範囲で調べた内容になりますので、間違い・細かい誤認等々ある可能性があります。
新たに判明した部分等は逐次修正を行いますので、御了承下さい。


・1971年(昭和46年)
ホシザキ電機 ハンバーガー自動販売機を開発。
これは当時のマルシンフーズによる企画による物で、自販機の開発をホシザキ電機が行った形になっている。
HV-100B型で、ニキシー管採用のデジタルタイマーなっている事から、HV-100型が最初期の
パタパタのアナログタイマーを採用した型番だったのだろう。

2018_08_21_004.png
(*1)

ちなみにOEMで富士電機も同型の自販機の生産を行っている。

ホシザキ電機により生産された自販機は型番が (HV-***)
富士電機により生産された自販機は型番が (VH-***/VFH-***)


となっている。

  2018_08_21_001.jpg
[参考:ホシザキ電機 HV-100B型]


・1972年(昭和47年5月)
マック産業株式会社 ハンバーガー自販機の設置・ハンバーガーの販売開始
主に大都市の誤楽場・百貨店・スーパーマーケット・工場・病院等々に設置された。
1978年(昭和53年)頃まで、合計200台以上設置されたそうである。


・1974年(昭和49年) 
原告「マクドナルド・コーポレーション」東京地方裁判所にて、被告「マック産業株式会社/マルシンフーズ」
を不正競争防止法(詳細略)民事訴訟にて訴える。(昭和 49年 (ワ) 924号)


・1976年(昭和51年)
原告の請求棄却
「マクドナルド・コーポレーション」の敗訴

今の感覚だと到底考えられない話であるが、当時はまだ「マック」という名称の社会的地位は、現在ほど確立された物では無かったという背景もあるのだろう。
何せマクドナルドの1号店は1971年の開店であり、模倣行為に対しての認識もまだまだ甘い時代でもある。
地裁による一審では原告マクドナルドの敗訴となる。

2018_08_21_002.jpg
(*2)


・1976年(昭和51年7月21日)
「マクドナルド・コーポレーション」東京高等裁判所へ控訴。(昭和 51年 (ネ) 1839号 )


・1978年(昭和53年10月)
控訴人勝訴
「マック産業株式会社/マルシンフーズ」敗訴


一審で敗訴したマクドナルド側が徹底した証拠・資料の準備を行い、高裁による二審でマルシンフーズ側の逆転敗訴となる。


・1979年(昭和54年)
「マック産業株式会社/マルシンフーズ」東京最高裁判所へ控訴。(昭和54(オ)145)


・1981年(昭和56年10月)
上告棄却

二審の段階で地盤を固めたマクドナルドに対し、マルシンマックの上告内容はもはや争うには弱かった。
上告は棄却となり、これにより「マック産業株式会社/マルシンフーズ」側の敗訴が確定。
7年越しの争いの末に、「マックバーガー」の名称やロゴマークの使用は不可という形で決着。



これによって、使用が出来なくなった「マックバーガー」に代わる形で正式に生まれたのが・・・
そう、あの 「グーテンバーガー」 である。

2018_08_21_003.jpg

当事既に設置されていたマックバーガー仕様のハンバーガー自販機は回収か、パネルの変更なのかは不明だが、(普通に考えれば後者だろう)グーテンバーガーのパネルを纏ったハンバーガー自動販売機は、ここから自動販売機のハンバーガーの代名詞として扱われる程の圧倒的な認知度を積み上げて行く事となる。

これはこれで少々皮肉な話でもあるが・・・。

その後、マック産業株式会社/マルシンマックは2002年にハンバーガー自販機に関する事業からは完全に撤退し、会社も解散して消滅しております。
コンビニエンスストアの急激な普及に伴い、時代の流れと共に次第に需要が無くなって行った形ですね。

今現在ハンバーガー自販機においしいハンバーガーを供給しているのは、自主的に自動販売機用の規格のハンバーガーを生産・継続している食品会社等です。





(記事内の画像は(*1 *2)を除き、胆振分室にて制作した画像です。
画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、当記事の内容は自主的に調べた物であり、まとめサイト等に転載を行った場合の誤情報の拡散の責任は負いかねます。




自食第308密造胆振分室

2018_05_12_0x2.jpg

(C)2014-2018
posted by masaji at 15:10| Comment(0) | レトロ自販機

2018年08月20日

コミティア125 結果報告


先日8/19(日) 東京ビッグサイトにて開催されたコミティア125に今回も出展させて頂きました。
遠方よりわざわざ足を運んで頂いた方々に厚く御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

当日は幸い暑さも落ち着いた好天となり、特に朝から来場された方は比較的快適な道中になったのではないでしょうか。

2018_08_20_000.jpg



さて、今回のコミティア125にて自食第308密造胆振分室にて頒布させて頂きましたのは

●「角字字鑑シリーズ (壱)」
●「レトロ自販機アクリルキーホルダーシリーズ W」


以上の2種となります。
全体としては、好天も幸いしてか今回は結果として良い方だったのかなと思われます。
本当にありがとうございました。

2018_08_20_005.png

やはり安定した人気があったのは「レトロ自販機アクリルキーホルダーシリーズ」で、今回も沢山の方々に手に取って頂けました。


今回も完売となりましたのは、ある程度は予想はしておりましたが

2018_08_20_001.jpg

「グーテン/Aタイプ」でした。
やはり前回同様 "見覚えのある世代" の方々の足を止める事に関しては、グーテンバーガーは圧倒的な強さと人気が御座います。
何度も言いますが「恐るべしグーテンバーガー!」
購入された方々は是非付けて頂き、平成生まれの世代に「それ何?」と言わしめて頂ければ!


そして次点は今回コミティア125にて新商品として、制作・頒布させて頂いた

2018_08_20_002.jpg

「BURGER/Aタイプ」でした。
惜しくも完売には届きませんでしたが、在庫残り1個となりました。
現在各地に一番残存しているハンバーガー自販機で使用されているパネルですので、"定番"という意味では、昨今のブームの中では最も馴染みがあるハンバーガー自販機パネルはMr.BURGERでしょう。
告知でも書かせて頂きましたが、元データは実物大制作可能な解像度にて起こしてありますので
執念とも言える手間をかけて制作させて頂いた完成度の "一角" を是非堪能して頂ければと思います。

Bタイプ・・・?


定番品として満遍なく人気があったのは

2018_08_20_003.jpg

やはり順当に「加熱中」シリーズ〜でした。
一見さん?には、サンプル画像を見ないと解り難いシリーズではありますが、詳しい方々は「グーテン」や「BURGER」と一緒に購入される方が多かったという印象です。
「加熱中」シリーズとして纏めて紹介しておりますが、一個一個のデータは1パーツ・一文字毎に制作しておりますので、拘り具合などは過去の記事などを参照して頂ければと思います。


最後に今回より新シリーズとして頒布開始させて頂きました

2018_08_20_004.png

「角字字鑑 (壱)」缶バッチシリーズですが
こちらは少々苦戦という形になりました。
「角字」という文化を説明出来る宣伝材等々、事前準備が不足気味だった事もあり残念な結果となってしまいました!
せめてアクリルキーホルダーと一緒に手に取って見て頂ける位にはならないとね、という。感じです。

少々マニアック過ぎる(隙間)部分を突いた感はありますが、次回(弐)も追加して地味に続けて行きますので、胆振分室オリジナルシリーズ、こちらも何卒宜しくお願い致します。

2018_08_20_006.jpg







以上、8/19(日)開催されたコミティア125の結果報告となります。
今回は諸事情にて頒布物を減らした事もあり、少し寂しいラインナップになってしまった部分もありますが、次回のコミティア126に向けて新たな制作作業を頑張りますので、今後とも地味に宜しくお願い致します。

また、今回の頒布物などに関係する新たなお知らせ等々、引き続き御座います。
詳細は決定次第twitterとこちらでお知らせさせて頂きます。
宜しくお願い致します。




自食第308密造胆振分室

2018_05_12_0x2.jpg

(C)2014-2018
posted by masaji at 17:39| Comment(0) | 各種お知らせ

2018年08月12日

コミティア125頒布物のお知らせ その(2)

2018_08_12_001.jpg

2018/8/19(日) 東京ビッグサイト 11:00〜16:00開催
コミティア 125
スペースNo:東3ホール K28a 自食第308密造胆振分室


 にて頒布させて頂きます制作物のお知らせです。

今回はその(2)となります。


今回も毎回大変好評頂いております、「レトロ自販機アクリルキーホルダー」シリーズの頒布を行います。
C125では更に1種を加えて、シリーズ全14種中の7種の頒布を行います。




[レトロ自販機・アクリルキーホルダーシリーズ・W]




2018_08_12_002.jpg
 NEW!【BURGER/Aタイプ】
 ・1個/700円
 ・横:約83mm/縦:約56mm

数多く残るハンバーガー自販機を象徴するお馴染みの定番パネルと言えば・・・やはりこの方?ですね。
Mr.BURGER!
今回はキーホルダー化に当たって、手に持っている食品だけはトレース・再現は容易ではありませんので、自食第308密造胆振分室オリジナル仕様でハンバーガー単体にさせて頂きました。
しかし、その部分を除いては今回も執拗な再現度を目指して作成させて頂きました。

今回のトレース作業は、パネルそのものを実物大で再現・作成可能な解像度にてトレースしております。

アナログ時代には、いつものアナログ(メジャー)手法で!
2018_08_12_003.jpg



データ上はこのレベルで、ある程度"アナログの劣化"を脳内補正しつつ再現しております。


2018_08_12_004.jpg

2018_08_12_005.jpg



今回は新作はこちら一種類のみとなっておりますが、手間・時間だけはいつもより遥か無駄にかかっておりますので、何卒御了承下さい。
その分、今後様々な形でシリーズやグッズ化など・・・色々と活躍出来ると思いますので、ご期待頂ければと思います。





2018_08_12_006.jpg
 【グーテン/Aタイプ】
 ・1個/650円
 ・横:約84mm/縦:約62mm

前回コミティア124にて、その圧倒的な知名度故の破壊力を持って "あっ" という間に完売となった
「グーテン/Aタイプ」の再販となります。
正直私も足を止める方の多さには、本当に驚きました・・・。
「グーテンバーガー」という自販機バーガーの時代の凄さを改めて再認識でしたね。



2018_08_12_007.jpg



時代の象徴をその手に・・・!
宜しくお願い致します。







2018_08_12_008.jpg

纏めてになりますが、今回のレトロ自販機アクリルキーホルダーシリーズの残り5種類・再販の紹介となります。

 【加熱中T/A/Bタイプ】
 ・1個/650円
 ・横:約74mm/縦:約36mm
 【加熱中U/A/Bタイプ】
 ・1個/650円
 ・横:約74mm/縦:約36mm
 【加熱中V/A/Bタイプ】
 ・1個/650円
 ・横:74mm/縦:約36mm
 【加熱中W/Aタイプ】
 ・1個/650円
 ・横:約60mm/縦:約67mm
 【調理中T/18】
 ・1個/750円
 ・横:約80mm/縦:約64mm

実物写真などの詳細は以下の過去記事を参照願います。
コミティア124頒布物のお知らせ その(1)


尚、以上の5種類の再販品に関しましては、今回はロットの追加はございません。
基本残り在庫のみの頒布となりますので、非常に僅かとなります。
在庫売切れ次第即終了となりますので、御了承下さい。






今回のコミティア125も相変わらずレトロニッチな感じのラインナップとなりますが、いつもの感じ?で頑張りますので、宜しくお願い致します!



自食第308密造胆振分室

2018_05_12_0x2.jpg

(C)2014-2018



posted by masaji at 15:33| Comment(0) | 各種お知らせ